3.練習
まずは上記の二つの動きを分解して練習しましょう。
フルブレーキはここでは省略します。

シフトダウンの練習です。
4速で走っている時に(低速でかまいません)、アクセルを抜きクラッチを踏みます。
次にアクセルをあおりながらギアを3速にいれてクラッチをつなぎます。
MTを運転している人であれば、ほとんどの人が経験済みの操作だと思います。
ここで大切なのはリズムです。
まずはブレーキ無しで、エンジンブレーキをかけるつもりで練習して下さい。
慣れると4→3→2と落としてみて下さい。
忘れてはいけないのがシフトワークは「アップは速く、ダウンは丁寧に!」の基本通り、丁寧に落とすことです。

これが出来れば次に右足の動きを作ります。
エンジンをかけて、ギアはニュートラルにしておきます。
右足で普通にブレーキ操作をして下さい。
そのまま足をひねります。
そこでエンジンの回転を上げてみて下さい。
「ひねる」という操作は車によって多少の差が出ます。
ブレーキペダルとアクセルペダルの位置関係によって足の動きを作る必要があります。
おおまかには二種類の「ひねり方」があります。

ひとつはブレーキペダルとアクセルペダルの距離が遠い場合です。
ブレーキを押している足の力点である親指の付け根を中心に足を回します。
(かかとを右に出すようにまわします)
その場合はアクセルをかかとに近い部分であおることになります。

もう一つはブレーキペダルとアクセルペダルの距離が近い場合です。
親指の付け根を中心に足を回すのは同様ですが、ほんの少しだけ回します。
次に右足の小指を下げるようにひねります。
つまり、この場合はかかとではなく、右足の小指の下の方であおることになります。


車によっては、これらの中間的なやり方になる場合もあります。
アクセルを思い切って踏めるやり方を見いだして練習して下さい。
上記のシフトワークペダルワークが出来ればほぼ完成です。

一般道路ではフルブレーキからのヒール&トゥは練習不可能だと思います。
なので中間的なブレーキをかけたまま、足をひねり、リズムのシフトダウンをトライしてみて下さい。
はじめはかなりブレーキが不安定になり、車がギクシャクすると思います。
が、安定したブレーキが中心です。
慣れるまでは半クラッチでごまかしてでも安定したブレーキを中心に練習して下さい。
シフトはリズムです。そしてイメージよりも大目にアクセルを入れて下さい。アクセル量が少ないと不安定になります。
サーキットレベルは基本的にフルブレーキなので一般道路より楽です。
が、速度域が上がるため、シフトダウンのためのアクセルの量がより大きくなります。

return

inserted by FC2 system